0 follower

クイック・スタート

Yii は、RESTful ウェブサービス API を実装する仕事を簡単にするために、一揃いのツールを提供しています。 具体的に言えば、RESTful API に関する次の機能をサポートしています。

  • アクティブ・レコード のための共通 API をサポートした迅速なプロトタイプ作成
  • レスポンス形式のネゴシエーション (デフォルトで JSON と XML をサポート)
  • 出力フィールドの選択をサポートした、カスタマイズ可能なオブジェクトのシリアライゼーション
  • コレクション・データと検証エラーの適切な書式設定
  • コレクションのページネーション、フィルタリングおよびソーティング
  • HATEOAS のサポート
  • HTTP 動詞を適切にチェックする効率的なルーティング
  • OPTIONS および HEAD 動詞のサポートを内蔵
  • 認証と権限付与
  • データ・キャッシュと HTTP キャッシュ
  • レート制限

以下においては、例を使って、どのようにして最小限のコーディング労力で一組の RESTful API を構築することが出来るかを説明します。

ユーザのデータを RESTful API によって公開したいと仮定しましょう。 ユーザのデータは user という DB テーブルに保存されており、それにアクセスするための アクティブ・レコード クラス app\models\User が既に作成済みであるとします。

コントローラを作成する

最初に、コントローラ・クラス app\controllers\UserController を次のようにして作成します。

namespace app\controllers;

use yii\rest\ActiveController;

class UserController extends ActiveController
{
    public $modelClass = 'app\models\User';
}

このコントローラ・クラスは、よく使用される一揃いの RESTful アクションを実装した yii\rest\ActiveController を拡張するものです。 modelClass として app\models\User が指定されているため、 コントローラがどのモデルを使用してデータの取得と操作が出来るかがわかります。

URL 規則を構成する

次に、アプリケーションの構成情報において、urlManager コンポーネントの構成情報を修正します。

'urlManager' => [
    'enablePrettyUrl' => true,
    'enableStrictParsing' => true,
    'showScriptName' => false,
    'rules' => [
        ['class' => 'yii\rest\UrlRule', 'controller' => 'user'],
    ],
]

上記の構成情報は、主として、user コントローラの URL 規則を追加して、ユーザのデータが綺麗な URL と意味のある HTTP 動詞によってアクセスおよび操作できるようにするものです。

情報: Yii はコントローラの名前を自動的に複数形にしてエンド・ボイントとして使用します (下の「試してみる」(#trying-it-out) を参照してください)。 この振る舞いは yii\rest\UrlRule::$pluralize プロパティを使って構成することが可能です。

JSON の入力を可能にする

API が JSON 形式で入力データを受け取ることが出来るように、request アプリケーション・コンポーネントparsers プロパティを構成して、JSON 入力のために yii\web\JsonParser を使うようにします。

'request' => [
    'parsers' => [
        'application/json' => 'yii\web\JsonParser',
    ]
]

情報: 上記の構成はオプションです。 上記のように構成しない場合は、API は application/x-www-form-urlencodedmultipart/form-data だけを入力形式として認識します。

試してみる

上記で示した最小限の労力によって、ユーザのデータにアクセスする RESTful API を作成する仕事は既に完成しています。 作成した API は次のものを含みます。

  • GET /users: 全てのユーザをページごとに一覧する
  • HEAD /users: ユーザ一覧の概要を示す
  • POST /users: 新しいユーザを作成する
  • GET /users/123: ユーザ 123 の詳細を返す
  • HEAD /users/123: ユーザ 123 の概要を示す
  • PATCH /users/123PUT /users/123: ユーザ 123 を更新する
  • DELETE /users/123: ユーザ 123 を削除する
  • OPTIONS /users: エンド・ボイント /users に関してサポートされている動詞を示す
  • OPTIONS /users/123: エンド・ボイント /users/123 に関してサポートされている動詞を示す

作成した API は、次のように、curl コマンドでアクセスすることが出来ます。

$ curl -i -H "Accept:application/json" "http://localhost/users"

HTTP/1.1 200 OK
...
X-Pagination-Total-Count: 1000
X-Pagination-Page-Count: 50
X-Pagination-Current-Page: 1
X-Pagination-Per-Page: 20
Link: <http://localhost/users?page=1>; rel=self, 
      <http://localhost/users?page=2>; rel=next, 
      <http://localhost/users?page=50>; rel=last
Transfer-Encoding: chunked
Content-Type: application/json; charset=UTF-8

[
    {
        "id": 1,
        ...
    },
    {
        "id": 2,
        ...
    },
    ...
]

受入れ可能なコンテント・タイプを application/xml に変更してみてください。 すると、結果が XML 形式で返されます。

$ curl -i -H "Accept:application/xml" "http://localhost/users"

HTTP/1.1 200 OK
...
X-Pagination-Total-Count: 1000
X-Pagination-Page-Count: 50
X-Pagination-Current-Page: 1
X-Pagination-Per-Page: 20
Link: <http://localhost/users?page=1>; rel=self, 
      <http://localhost/users?page=2>; rel=next, 
      <http://localhost/users?page=50>; rel=last
Transfer-Encoding: chunked
Content-Type: application/xml

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<response>
    <item>
        <id>1</id>
        ...
    </item>
    <item>
        <id>2</id>
        ...
    </item>
    ...
</response>

次のコマンドは、JSON 形式でユーザのデータを持つ POST リクエストを送信して、新しいユーザを作成します。

$ curl -i -H "Accept:application/json" -H "Content-Type:application/json" -XPOST "http://localhost/users" -d '{"username": "example", "email": "user@example.com"}'

HTTP/1.1 201 Created
...
Location: http://localhost/users/1
Content-Length: 99
Content-Type: application/json; charset=UTF-8

{"id":1,"username":"example","email":"user@example.com","created_at":1414674789,"updated_at":1414674789}

ヒント: URL http://localhost/users を入力すれば、ウェブ・ブラウザ経由で API にアクセスすることも出来ます。 ただし、特殊なリクエスト・ヘッダを送信するためには、何らかのブラウザプラグインが必要になるでしょう。

ご覧のように、レスポンス・ヘッダの中には、総ユーザ数やページ数などの情報が書かれています。 また、データの他のページへナビゲートすることを可能にするリンクもあります。 例えば、http://localhost/users?page=2 にアクセスすれば、ユーザのデータの次のページを取得することが出来ます。

fieldsexpand パラメータを使えば、どのフィールドが結果に含まれるべきかを指定することも出来ます。 例えば、URL http://localhost/users?fields=id,email は、idemail のフィールドだけを返します。

情報: 気がついたかも知れませんが、http://localhost/users の結果は、いくつかの公開すべきでないフィールド、例えば password_hashauth_key を含んでいます。 当然ながら、これらが API の結果に出現することは避けたいでしょう。 リソース のセクションで説明されているように、これらのフィールドを除外することは出来ますし、また、除外しなければなりません。

さらに、http://localhost/users?sort=emailhttp://localhost/users?sort=-email のように、コレクションをソートすることも出来ます。 http://localhost/users?filter[id]=10http://localhost/users?filter[email][like]=gmail.com のように、 コレクションをフィルタリングすることも、データ・フィルターを使って実装することが出来ます。 詳細は、リソース のセクションを参照して下さい。

まとめ

Yii の RESTful API フレームワークを使う場合は、API エンド・ボイントをコントローラ・アクションの形式で実装します。 そして、コントローラを使って、単一タイプのリソースに対するエンド・ボイントを実装するアクションを編成します。

リソースは yii\base\Model クラスを拡張するデータ・モデルとして表現されます。 データベース (リレーショナルまたは NoSQL) を扱っている場合は、ActiveRecord を使ってリソースを表現することが推奨されます。

yii\rest\UrlRule を使って API エンド・ボイントへのルーティングを簡単にすることが出来ます。

これは要求されてはいませんが、RESTful API は、保守を容易にするために、 ウェブのフロントエンドやバックエンドとは別の独立したアプリケーションとして開発することが推奨されます。

Found a typo or you think this page needs improvement?
Edit it on github !