開発ワークフロー

Yiiの基本的なコンセプトを述べてきましたが、ここでYiiを用いたウェブアプリケーションの共通的なワークフローをご紹介しましょう。 この段階では対象となるアプリケーションの要求分析だけでなく、設計分析もすんでいるものと仮定します。

  1. 骨格となるディレクトリ構造を作成します。Creating First Yii Application で示すyiicツールがこのステップに役立ちます。

  2. アプリケーションapplicationのコンフィギュアを行います。 これはアプリケーションのコンフィギュレーションファイルを修正することで行います。 このステップでは場合によってはアプリケーションコンポーネントを書くことが必要になります。 これはユーザコンポーネントと呼ばれます。

  3. それぞれのデータタイプに対応するモデルmodelクラスを準備します。 再びyiic ツールが自動的に、データベースに対応したアクティブレコードactive record クラスを生成します。

  4. それぞれのユーザ要求に対応した、コントローラcontrollerクラスを作成します。 ユーザ要求の分類は実際の要求に依存します。 一般的には、モデルクラスがユーザによってアクセスされるならば、対応するコントローラクラスを必要とします。 yiicツールはこのステップも自動化します。

  5. アクションactionsとそれに対応するビューviewsを実装します。これは実際の作業において主に実施されるべきステップです。

  6. 必要に応じて、コントローラクラスのアクションフィルタfiltersを初期構成します。

  7. もしテーマ機能を実装する必要があれば、テーマthemesを作成します。

  8. もし国際化internationalizationが必要であれば、翻訳ファイルを作成します。

  9. キャッシュされるべきデータとビューを特定し、キャッシュcachingを適用します。

  10. 最後にチューンナップtune upを行い、展開します。

それぞれのステップにおいて、テストケースが必要となります。

$Id: basics.workflow.txt 1030 2008-12-04 01:40:16Z qiang.xue $

Be the first person to leave a comment

Please to leave your comment.