HTMLテーブル式入力の収集

私達はユーザーの入力をバッチモードとして束にして集めたいと思う事 が良くあります。複数モデルのインスタンスの情報を、ユーザーが一度に送信できる 様にする場合です。こういった場合の入力フィールドは、往々にしてHTMLテーブル で提供されるので、ここではこれを HTMLテーブル式入力 (tabular input) と呼びます。

HTMLテーブル式入力 では、まず初めに、データをインサートするか アップデートするかに従って、モデルインスタンスの為の配列を作成するか、 (アップデートの際は)データの入った状態にします。その後、 ユーザの入力したデータを $_POST 変数から回収し、 それぞれのモデルへ割り当てます。シングルモデルの場合とのわずかな違いは、 入力データの回収の為に、$_POST['ModelClass'] の代わりに $_POST['ModelClass'][$i] を用いる点です。

public function actionBatchUpdate()
{
    // 一括でアップデートをする為にアイテムを回収します。
    // 各アイテムが 'Item' モデルクラス だと仮定します。
    $items=$this->getItemsToUpdate();
    if(isset($_POST['Item']))
    {
        $valid=true;
        foreach($items as $i=>$item)
        {
            if(isset($_POST['Item'][$i]))
                $item->attributes=$_POST['Item'][$i];
            $valid=$valid && $item->validate();
        }
        if($valid)  // 全てのアイテムが検証を通る際に
            // 処理する内容をここに…
    }
    // HTMLテーブル式入力 をバッチ(一纏め)で回収する為のビューを表示
    $this->render('batchUpdate',array('items'=>$items));
}

アクションが準備されたら、HTMLテーブルとして入力フィールドを表示する為の batchUpdate ビューの作成に取り掛かる必要があります。

<div class="yiiForm">
<?php echo CHtml::beginForm(); ?>
<table>
<tr><th>Name</th><th>Price</th><th>Count</th><th>Description</th></tr>
<?php foreach($items as $i=>$item): ?>
<tr>
<td><?php echo CHtml::activeTextField($item,"name[$i]"); ?></td>
<td><?php echo CHtml::activeTextField($item,"price[$i]"); ?></td>
<td><?php echo CHtml::activeTextField($item,"count[$i]"); ?></td>
<td><?php echo CHtml::activeTextArea($item,"description[$i]"); ?></td>
</tr>
<?php endforeach; ?>
</table>
 
<?php echo CHtml::submitButton('Save'); ?>
<?php echo CHtml::endForm(); ?>
</div><!-- yiiForm -->

上記では、CHtml::activeTextField がコールされた際の二番目のパラメータ として、"name" の代わりに "name[$i]" を使用している事 に注意してください。

もし何か検証にエラーがある場合は、シングルモデルでの入力の際 に述べたのと同様に、結びついた入力フィールドが自動的にハイライトされます。

$Id: form.table.txt 857 2009-01-04 20:57:35Z qiang.xue $

Be the first person to leave a comment

Please to leave your comment.