開発ワークフロー

Yii の基本的なコンセプトを述べてきましたが、ここで Yii を用いたウェブアプリケーション開発の共通なワークフローを紹介しましょう。 この段階では対象となるアプリケーションの要求分析だけでなく、設計分析もすんでいるものと仮定します。

  1. 骨格となるディレクトリ構造を作成します。初めての Yii アプリケーションの作成 で解説した yiic ツールがこのステップに役立ちます。

  2. アプリケーション の初期設定。 これはアプリケーションの初期設定ファイルを修正することで行います。 このステップでは、追加でアプリケーションコンポーネント (例えば、user コンポーネント) を書くことが必要になるかも知れません。

  3. 管理するそれぞれのデータタイプに対応する モデル クラスを作成します。 初めての Yii アプリケーションの作成自動的なコード生成 で説明している Gii ツールを使って、管理すべきデータベーステーブルに対応した アクティブレコード クラスを生成することが出来ます。

  4. それぞれのユーザリクエストに対応した コントローラ クラスを作成します。 どのようにユーザリクエストを分類するかは、実際の要求分析に依存します。 一般的には、モデルクラスがユーザによってアクセスされる必要がある場合に、モデルに対応するコントローラクラスが必要となります。 この作業も Gii ツールで自動化することができます。

  5. アクション とそれに対応する ビュー を実装します。実際にしなければならない作業があるのは、主としてこのステップです。

  6. コントローラクラスにおいて、必要なアクション フィルタ を構成します。

  7. テーマ変更機能が必要であれば、テーマ を作成します。

  8. 国際化 が必要であれば、翻訳メッセージを作成します。

  9. キャッシュされるべきデータとビューを特定し、キャッシュ を適用します。

  10. 最後の チューンナップ を行い、アプリケーションを配備します。

上記のそれぞれのステップにおいて、テストケースを作成して実行する必要があるかもしれません。

$Id$

Be the first person to leave a comment

Please to leave your comment.