Comment モデルのカスタマイズ

Comment モデルでは、主に rules() メソッドと attributeLabels() メソッドをカスタマイズします。attributeLabels() メソッドは属性の名前と属性のラベルの対応表を返します。relations()Gii ツールで生成したコードで十分なので手を入れる必要はありません。

1. rules() メソッドのカスタマイズ

最初に、Gii ツールで生成した検証ルールをカスタマイズします。コメント用のルールは以下の通りです。

public function rules()
{
    return array(
        array('content, author, email', 'required'),
        array('author, email, url', 'length', 'max'=>128),
        array('email','email'),
        array('url','url'),
    );
}

上記の指定内容は次のような意味です。author, email, content 属性は必須、author, email, url は最大128字、email 属性は有効なメールアドレスであること、url 属性は有効な URL であること。

2. attributeLabels() メソッドのカスタマイズ

次に attributeLabels() メソッドをカスタマイズして、モデルの各属性を表示する際のラベルを宣言します。このメソッドは、名前-ラベルの組で構成される配列を返します。CHtml::activeLabel() を呼ぶと属性のラベルを表示できます。

public function attributeLabels()
{
    return array(
        'id' => 'ID',
        'content' => 'コメント',
        'status' => '状態',
        'create_time' => '作成日時',
        'author' => '名前',
        'email' => 'メール',
        'url' => 'ウェブサイト',
        'post_id' => '記事',
    );
}

ヒント: attributeLabels() で属性のラベルを宣言していない場合、アルゴリズムに従って適切なラベルが生成されます。例えば、create_timecreateTime という属性には、Create Time というラベルが生成されます。

3. 保存プロセスのカスタマイズ

コメントの作成時刻を記録したいので、Post モデルと同様に、CommentbeforeSave() メソッドをオーバーライドします。

protected function beforeSave()
{
    if(parent::beforeSave())
    {
        if($this->isNewRecord)
            $this->create_time=time();
        return true;
    }
    else
        return false;
}
$Id$

Be the first person to leave a comment

Please to leave your comment.