ユーザ認証

このブログアプリケーションでは、システムオーナとゲストユーザの区別が必要です。 したがって、ユーザ認証機能を実装する必要があります。

スケルトンアプリケーションにはすでにユーザ認証機能が備わっています。 ユーザ名とパスワードのどちらもが demo 、もしくは admin で確認することができます。このセクションでは、認証を User テーブルに基づいて行うよう、対応するコードを修正します。

ユーザ認証は IUserIdentity インターフェイスを実装するクラスで行われます。スケルトンアプリケーションでは、この問題のために UserIdentity クラスを使っています。このクラスファイルは、/wwwroot/blog/protected/components/UserIdentity.php に保存されています。

ヒント: 規約により、クラスファイル名は対応するクラス名に接尾辞に拡張子 .php をつけたものになります。この規約に従って、パスエイリアスを使ったクラス参照が可能です。 例えば、UserIdentity クラスを、application.components.UserIdentity というエイリアスで参照することができます。Yii の多くの API において、パスエイリアスを利用可能です。(例:Yii::createComponent())そして、パスエイリアスを使うことは、コードに絶対パスを埋め込む必要をなくします。絶対パスを記述することはしばしばアプリケーション配置の際のトラブルの元になります。

UserIdentity クラスを以下のように修正します。

<?php
class UserIdentity extends CUserIdentity
{
    private $_id;
 
    public function authenticate()
    {
        $username=strtolower($this->username);
        $user=User::model()->find('LOWER(username)=?',array($username));
        if($user===null)
            $this->errorCode=self::ERROR_USERNAME_INVALID;
        else if(md5($this->password)!==$user->password)
            $this->errorCode=self::ERROR_PASSWORD_INVALID;
        else
        {
            $this->_id=$user->id;
            $this->username=$user->username;
            $this->errorCode=self::ERROR_NONE;
        }
        return !$this->errorCode;
    }
 
    public function getId()
    {
        return $this->_id;
    }
}

authenticate() メソッドにおいて、 User クラスを用いて User テーブルの行を参照しています。User テーブルの username 列は特定のユーザ名(大文字小文字の区別なし)と同一です。User クラスは前のセクションで yiic ツールによって作られたものであることを思い出してください。User クラスは CActiveRecord を継承しているため、 ActiveRecord 機能を、オブジェクト指向(OOP)にのっとったやり方で User テーブルにアクセスすることができます。

UserIdentity クラスでは、getId() メソッドをオーバーライドして、User テーブルから見つかったユーザの id を返すようにしています。元の実装では、代わりにユーザ名を返すようになっていました。usernameid プロパティはともにユーザセッションに保存され、コードのどこからでも Yii::app()->user でアクセスすることが可能です。

ヒント: UserIdentity クラスにおいて、対応するクラスファイルを読み込むことなく CUserIdentity を参照しています。 これは CUserIdentity が Yii framework のコアクラスであるためです。Yii は任意のコアクラスが最初に参照されたときに、自動的のそのクラスファイルを読み込みます。User クラスでも同じことが行われています。 なぜなら、 User クラスファイルが、/wwwroot/blog/protected/models ディレクトリ以下にあり、アプリケーション初期構成の下記コードで PHP の include_path に追加されているからです。

return array(
    ......
    'import'=>array(
        'application.models.*',
        'application.components.*',
    ),
    ......
);

上記の初期構成は /wwwroot/blog/protected/models/wwwroot/blog/protected/components の下にある、いかなるクラスファイルも、最初に参照された時点で自動的に読み込まれることを示します。

UserIdentity クラスは主に LoginForm クラスで、ログインページにで入力されたユーザ名とパスワードを元にユーザを認証するために使われます。以下コードではどのように UserIdentity が使われるのかを示します。

$identity=new UserIdentity($username,$password);
$identity->authenticate();
switch($identity->errorCode)
{
    case UserIdentity::ERROR_NONE:
        Yii::app()->user->login($identity);
        break;
    ......
}

情報: identity クラスと user アプリケーションコンポーネントはしばしば混同されます。前者は認証を行う方法のことであり、後者は現在のユーザに関する情報をあらわします。アプリケーションがもてる user コンポーネントはひとつだけですが、identity クラスは複数持つことができます。identityクラスはどのような認証方法がサポートされるかによります。いったん認証されると、identity インスタンスから user コンポーネントへ情報が渡され、 アプリケーション全体から user を用いてアクセス可能になります。

修正後の UserIdentity クラスを確認するため、ブラウザで URL http://www.example.com/blog/index.php にアクセスし、 User テーブルのユーザ名とパスワードでログインしてみてください。 ブログデモ で提供されるデータベースを利用した場合、ユーザー名 demo 、パスワード demo でアクセスできるはずです。このブログシステムにはユーザ管理機能はありません。そのため、ユーザーはウェブインターフェースで、自身のアカウントを変更したり、新しいアカウントを作成出来ません。ユーザ管理機能はブログアプリケーションの将来の機能拡張として検討されるでしょう。

$Id: prototype.auth.txt 702 2009-02-18 19:29:48Z qiang.xue $

Be the first person to leave a comment

Please to leave your comment.